MENU

30代中盤でパパ活アプリ「ペイターズ」をやるメリットについて解説

初回大人を中心に活動している私ですが、もともと、それ抜きにしても経験人数3桁は超えています。

20代前半から活力があり、クラブやナンパ、ここ3年ほどはマッチングアプリで精を出しています。

それなりにモテてきたという経緯があります。(経験人数をモテるとここでは定義させてください)正確にいえば、モテるように仕向けてきました。

今回の話とは関係ありませんが、30代中盤に差し掛かってきて、それなりにモテる人だとしても、18〜24歳を口説くことはなかなか難しいと思う。

60歳、70歳になり過ぎてからも、ペイターズで拒否られてばかりでも課金と時間の無駄。

「紀州のドンファン」ほどの財力であればもしかしたらわからないかもしれませんが。

だから、私はパパ活をあまりやらない30代からでも全然始めていいし、むしろ始めるべきだと思っている。

その方が、50代が多いパパ活界隈の中で、どちらにしろ、おっさんと飲まなきゃいけなかったり、その先も考えなければならないなら、パパ活女子としても、どうせ会うなら若い方がいい傾向があるからです。

私自身も活動する中で、お会いするPJと話をする中で

「なぜ会ってくれたのでしょうか?」と聞くと

年齢が近くてそれなりに危なくなさそうな人だから

と回答されることが多いです。

本当かどうかわかりませんが、大人をするにしても、なるべく嫌ではない人や年齢が近い人を選びがちになるのは、逆の立場にたてば想像できることかもしれません。

なぜ、私が初回大人3チャレンジができているからは、

  • 30代であること
  • 常にパパ活以外でのモテること

これらを意識していたからだと思います。

よって、ビジネスも投資もパパ活も思い立った時が吉日で今すぐ始めるべきだと思います。早く始めることで金額も低く抑えられ、より楽しいパパ活ライフ、そしてパパ活女子にも優しくなり、寛容な男ができアガある。

良いスパイラルができると思います。

そして、パパ活も優位にすすめられるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたドケチおじさん

33歳のドケチおじさん。ケチなくせに高みを望む。女性関係では数々の失敗を重ね、30歳で経験人数3桁に到達。イケメン、大金持ちのように圧倒的なモテではないが、「そこそこモテる」に注力して、ワタシなりにやってきたことを発信します。また、「そこそこモテる」ため、より生活を豊か・効率化できるガジェットなどを紹介していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次