MENU

【アポ3回目体験談】ペイターズ(Paters)で「初回大人3」の19歳と会ってきた

1回目2回目とちょっと反省点があったアポだったので、3回目はかなり気合を入れて女の子を厳選しました。

まず写真とあまり変わらない人が良かったので、「申し訳ないですが〜」などと

ご機嫌損ねないように、全身を写した写メをいただく。

そうすると素晴らしいスタイル、合格点を余裕で超えてくる19歳大学1年生。

お会いした際に、「通っている大学は女子大御三家です」

などと説明を受けるが、そこまで学歴ないので理解が追いつかない。

大妻女子?などと述べたところ

「大妻は御三家ではない」とお叱りを受けます。

正しくは、お茶女、日本女子、東京女子?だったような、、、、

こういった方が、「初回大人3」でオッケー出してくれます。

日本のデフレを感じています。

ただ、 インターネットがいくら発展し、情報があふれている世の中だからといっても

お金に関する知識がない年代です。

むしろ、餓死することないこの世の中で

お金と真剣に向き合う学生なんて皆無でしょう。

私もこの頃に戻ったとして考えてみると

目先の30,000円にはものすごい未来を感じていたでしょう。

そんなこんなしているうちに当日に。

2ヶ月やってイエローカードを食らって10日間、ペイターズをさわれていなかった私は

慎重にアポをドタキャンせず、待ち合わせに向かいます笑

イエローカードの話はこちらから↓↓

あわせて読みたい
ペイターズ(Paters)でイエローカードになった話 ペイターズでイエローカードを食らってしまいました。 率直な感想を言います。ペイターズは、イエローカードは結構厳しめに付与されると思いました。人ごとではありませ...

結果的に待ち合わせをすると、写真より0.1%ほど可愛くなかったですが

大満足のアポとなりました。

スタイルも抜群です。

彼女は真面目なタイプで、高校を卒業した後、親から離れたかったようでした。

経験人数がまだ1人しかいなかったので

燃えるような関係を築くことができませんでしたが、大人3で19歳とアポが組めると言うのは凄い時代と感じる。

今回素晴らしいアポになった理由、

というか私なりに注意したことをお伝えします。

paters(ペイターズ)に登録すれば女の子の一覧が見ることができます。 メッセージのやりとりはできませんが 登録は無料ででき、興味のある人は一覧だけでもみることをおすすめします paters(ペイターズ)- 秘密のオンラインラウンジ

目次

淡白な女の子だとしてもすぐにあきらめない

基本的には女の子がのパパ割目的なので要はお金が欲しいのです。

なので最低限のメールしかしない人がほとんどです。

偶然にも、私は2回目にアポした人は丁寧で友達みたいなやりとりをしてくれました。

友達みたいにやりとりしてくれた子の記事はこちら

あわせて読みたい
【アポ2回目体験談】Paters(ペイターズ)で初回大人3の保育士(22歳)と会ってみた 34歳の経験人数130人のドケチです。 【前回の反省を活かしてアポを組む】 前回のペイターズデビュー戦は、いわゆる「大人2」の23歳と会ってみました。 完全に嫌な思い...

そういう人の方が稀だと思います。

メッセージのやり取りでは淡白であった19歳も

実際話してみると、とても気さくに話してくれるので、アポのやりとりも大事にはなりますが、地雷でない限りは少しはまじめに対応しようという心持ちも大事だなと実感です。

相手とちゃんと話していこう

19歳ということで、話が全然噛み合わないかなあなどと思ってましたが、そこはちゃんと経験人数3桁超えの私。

ちゃんと向こうに話を振って大学生活やオンライン授業の話を振れば、

向こうも嫌々?笑 話してくれるようになります。

お金欲しいので最低限の連絡になるのは通常です。まずは会う約束をして

ペイターズ内では会話をしてくれません。

お話しするのは金の発生するその瞬間だけ。

ビジネスマンであれば、金は発生するかわからないけど

不確定な未来にかけて、多くの人に対応する

それが好成績を出すリーマンの一種であろう。

そのため、ちゃんと働いて、結果を出す人ほどパパ活女子にはイライラするかもしれない。

しかし、次元が違うのです。もっとおおらかな気持ちでパパ活女子と接していこう。

逆に、パパ活女子の皆様は、ペイターズ内でちゃんとした会話をしようとする心構えだけで、

良パパを見つけられそうな気がします。もちろんその分変な要求をしてくる輩にも当たりそうではありますが。

そうは言ってもパパ活女子だって、

まだこれからたくさん色々な経験をし、未来を担う若者たちです。

目の前の金を考えるのは当然であります。

ということで、淡白だなあと思うこともありますが、自分から工夫していけばいいとわかりました。

相手を変えたければまずは自分から。

要は相手もプロではないので何をしていいかわからないものです。

私は、タップルの方でパパ活ではなく普通の大学4年生と知り合い

大人の関係やいろんなところに出かけておりますが

非常に優れた大学生で話も合うし、面白いのでやっぱり話が合うのは大事です。

予約したのは都内の2時間コースで7時頃から2時間で7500円

あれ?高い?

まあいいか。

こちらはお風呂にはいっていきます。

いつお手当なのかというと私は逃げられてもいいやと思って、入室して一息ついいたところでお渡ししています。

軽く大学生活などのお話をして入室から30分ほどで入浴しいざ。

結局20分ほどで楽しい時間となり、タイムアウト。

この方とのアポは執筆の二週間前の話だったんですが

この子もいろんなパパとやりとりしたのか

またお会いできませんかと連絡をくれました。

パパとしての最低基準を満たしていたのかもしれません、ありがたい限りです。

3回目にしてかなり満足のいくアポになりましたが皆さん参考になりましたでしょうか。

また更新していくのでぜひよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたドケチおじさん

33歳のドケチおじさん。ケチなくせに高みを望む。女性関係では数々の失敗を重ね、30歳で経験人数3桁に到達。イケメン、大金持ちのように圧倒的なモテではないが、「そこそこモテる」に注力して、ワタシなりにやってきたことを発信します。また、「そこそこモテる」ため、より生活を豊か・効率化できるガジェットなどを紹介していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次