MENU

エスケイジャパンの食洗機JaimSDW-J5Lの3年レビュー

2022年4月現在、1〜2人用の食洗機が数多く販売される中で、先駆けとなっていたのがエスケイジャパンの食洗機です。

【工事不要】エスケイジャパンの食洗機Jaimeを3年使用後のレビューと劣化検証

エスケイジャパンの食洗機、発売日は2018年と今から4年前で発売当初は40,000円前後だったと思います。

エスケイジャパン 食器洗い乾燥機 Jaime タンク式 ホワイト SDW-J5L-W
エスケイジャパン(SK Japan)

昨今はアマゾンでも 29,000円前後で販売されており、それなりの値下げがあります。

他の企業からは、どんどん機能がアップグレードされた商品が続出しておりエスケイジャパンの商品は安さだけが売りとなっています。

エスケイジャパン食洗機version2に期待したいですね。

今になっても この食洗機の名前や型番などのJaimやSDW–J5Lの型番の意味もよくわかりません。

そして結論からいって2022年に1人〜2人用の食洗機としてあえてコレを選ぶ必要はありません。

目次

3年経過後の故障などについて

この商品、実は私、2019年にメルカリで2万4000円で購入しています。 購入者の情報が正しければ、6ヶ月使用したと言うことで、そこから私が約2年半をしているので、3年は使用していることになります。

こういった商品は、タイミングが合えばメルカリで安く購入できます。 メルカリを利用するのも一つの手です。

具体的には引っ越しの時期を狙いましょう。 環境の変化に伴い、大型商品はどうしても売主が多少安くても売りさばきたい時期でもあるので狙い目です。

話はずれましたが、私は大きな故障なく 3年半使用しています。しかし、 電子的な部分ではなく物質的な部分で故障がありました。それは給水タンクの漏れです。

具体的な話はYouTubeに載せました。

最初は、内部の故障なのかなと思いましたが、純粋にタンクの接合部分が甘いだけでした。

さすが大手ではないだけ、作りが甘いです。

結局内部の故障等は私の個体ではなかったので御の字ですが、口コミを見るとそれなりの故障がみられます。私の個体での反応や感想を述べたいと思います。

3年後の各所の汚れ

・ホースの汚れ

ホースは一番水回りに近いところです。吸盤が付属していたのですが、劣化してきて、くっつかなくなりました。そのため、ガムテープで止めておりました。見栄えはかなり悪いです。茶色のガムテープで止めるより、水回り対応のテープで止めるのがおすすめです。

・内部の汚れ

内部で考えられる汚れと言えば、洗剤による汚れや水のカルキなどによる汚れです。

ちなみに私は3年間この洗剤を使い続けています。

created by Rinker
フィニッシュ
¥1,360 (2024/04/18 07:50:44時点 Amazon調べ-詳細)

これは非常に落ちます。というか、正直洗剤はなくてもいいです。

何度か洗剤無しで洗っています。しかも簡易的なスピーディーモードです。これで十分きれいになります。油もの料理をしてもほぼ大丈夫、ダメ押しでこの洗剤を使うといった感じで十分です。

写真で言えばこのような汚れ。許容範囲ではないでしょうか?一度水で皿などをサッと流してから使っています。たまに少しご飯粒や食べカス等を残してそのまま洗ったりしますが、意外にも残菜フィルターにカスが残っていません。3年使用していますが、このフィルターを除くのはせいぜい半年に一回。これは優秀すぎます。

ちょうどご飯粒はフィルターを通過して、ホースから抜けていく。

キャベツやにんじん程度なら残菜フィルターに残っていく。

・給水タンクの汚れ・給水カップ

給水タンクは、主に水のカルキが目立ちます。私は引っ越し前まで場所柄タンクにカップで3杯入れていたんですが、引っ越し後は楽にタンクを外すことができるので、直接タンクを外して入れています。

しかし、タンクを外す時の接着部分を外すときにそれなりの負荷がかかっている気がするのと、6リットルの水を入れたのちセットする必要があります。その点で落としたりする破損の可能性があります。

もし女性の一人暮らしで考えているならば、食洗機が置きやすい間取りになっているかの確認をした方が良いです。

特に壁が後ろにある場合はタンクを取り外すのが男性の私でも億劫になります。

逆にこのような新居では後ろに回ってタンクを取り外すことはできるので取りやすいです。

この食洗機の購入を考えている人は一人暮らしが多いでしょう。その中であまり広い部屋ではないことが多いでしょうから、しっかりとイメトレが大事です。

場所や幅だけでなく、ホースの位置や、給水のしやすさも考慮に入れると導入がスムーズになるでしょう。

かごもありますが、綺麗です。なぜならつかっていないから。

このサイズの食洗機でカゴをいれてしまうと大きな皿が入りません。使わないことをオススメします。

使わないカゴ

3年使った感想

給水タンクに直接水を汲めるのですが、外す時にアツのある構造になっており、少々面倒ではあります。ゴムで吸着する仕様になっているので意外とはずしにくいです。

また作動音も大きいです。リビングに近いところに寝室がある方は夜中に食洗きを回しておけばいいやという考え方があると意外と気になるかもしれません。

私は引っ越しがあったので、2つの家でこの食洗機を使いました。やはり寝室までにドア一つ挟んでいることが大事です。そして、そのドアの防音性もかなり大事です。

これは食洗機全般に言えることかもしれません。

意外と動作音が大きいことは注意です。

これは口コミでもよく言われていることですが、大多数の意見であり、コレを否定する余地はありません。

寝室から最低ドアを一つ隔てることで快適な睡眠がえられます。

今、あえてエスケイジャパンの食洗機を買うメリット

日本は資本主義であり、時間が経つにつれ、さらに機能的で安価な製品が出てくることだろうと思います。

そのため、継続販売で最新モデルが出ていないエスケイジャパンの製品をあえて買う意味があるのかをポジショントークで考えてみたいと思います。

口コミが多い

1〜2人用の食洗機には、実は大手企業が参入していません。そのため、名前も聞いたことない企業が多く作っています。

その中で言えば、エスケイジャパンは比較的名のしれた企業と言えると思います。

確かにエスケイジャパンでも悪い口コミが散見されますが、それだけ売れているという証拠でもあります。

私のYoutubeチャンネル内での、エスケイジャパン食洗機シリーズレビューも多くの人に見られています。

故障もあるとは思いますが、それだけ多くの個体を販売しているんです。

サポートも充実はしていないが悪くはない

企業であるならば、サポートがあって当然と思われますが、

世の中には本当にひどい企業があるもんです。それよりはマシ、程度でしょうか。

私はタンクの故障があり、サポートに連絡しましたがかもなく不可もなくという対応でした。

最低限の基準はみたしていると思います。しかし、エスケイジャパンの本社は福岡県にあるようで、サポートに電話したところなまりのある声で、「サポートセンターぽくない」感じで、近所のおばちゃん風の対応になります。

中小企業中の中小という感じ。

この口調だと、故障で電話してるのに、さらにお客からクレームがきそうだな、という印象を受けました。

結果として、私は給水タンクのアクリル板の結合が弱かったため、吸水タンクの交換で送料や代引き手数料などはこちらもちで、おおよそ3000円くらいだったでしょうか。

また、エスケイジャパンから提案されたのは、本体を交換しなければいけない場合、整備済み品を2万円で販売する。ただし、購入者に限る。という提案を受けました。

これはこれで有難い?のかわかりませんが、最近の企業の流れとしては、サポートがなってないんだろうなという印象です。

ここまで価格ドットコムなどでの口コミがあるほどの故障があれば新品と交換してしかるべきと思いました。

しかし、大きくない会社であるため、何から何までお客のために対応したくないのもわかります。

2018年あたりには一人暮らし用の食洗機がなく、パイオニアとしての役割はあったと思いますが、2022年、他の食洗機がある中であえてこれを選ぶメリットは、事前に故障しうるパターンが把握できることでしょう。

発売から4年ほど経過するので、それなりの故障パターンが出揃ってきたからです。

機械の故障というよりは各部品、特にゴム部分や、食洗機用の洗剤に部品が耐えられないというがわかります。

この画像をみてください。

ゴムがビロビロ
この辺も劣化
強力な洗剤を利用するためか素材が、、

エスケイジャパン自身も3年たったらメンテナンスをしろと歌っております。

しかも有料で承ると書いてあります。使用に問題がない場合でも危ないぞと言いたいわけです。

価格.comで3年以内のこの商品に多くの故障のレビューがあるのは想定通りじゃないでしょうか。

5年はもたなそうです。便利家電だからもうすこし持ってほしいところはありますね。

機械の故障というよりは、材質が弱い、、

そんなことがわかる3年でした。参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたドケチおじさん

33歳のドケチおじさん。ケチなくせに高みを望む。女性関係では数々の失敗を重ね、30歳で経験人数3桁に到達。イケメン、大金持ちのように圧倒的なモテではないが、「そこそこモテる」に注力して、ワタシなりにやってきたことを発信します。また、「そこそこモテる」ため、より生活を豊か・効率化できるガジェットなどを紹介していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次