MENU

野良レクサスCT200hでレクサスディーラー行って、ナビ更新してみた

経験人数3桁超え、30代中盤の年収600万円のドケチおじさんです。

野良レクサスCT200hを所有しているのですが、レクサスディーラーでナビ更新してきました。

結果として全て込み19,800円で、ネットで書かれているような野良レクサスに対する嫌な待遇もなく、ナビ更新していただきました。

ただドケチは33歳。50代60代の「おもてなし」に関してうるさい(いい意味です。社会のステータスを知るということは素晴らしい)世代ではないので、私が不遇な扱いを受けていたこと自体に気づかなかっただけかもしれません。

しかし、33歳のドケチが素直に感じたことを述べていきたいと思います。

野良レクサスを楽天Carを使ってオートバックスで車検した話はこちら

目次

請求書がこちら

実際の請求書

まず、レクサスのナビはディーラーでしかナビ更新できないようになっている。

いろいろ調べて、自分でもできるんではないか?と思ったが、今回は普通にディーラーにお願いしてきました。

結果として、ナビ更新料は19,800円です。

終わってみると、ディーラーに洗車もしてもらっていました。

そうすると、ディーラー洗車込み料金と考えるといいでしょうね。ガソスタの手洗いだって2,000円〜3,000円はしたような気がします。(ドケチおじさんの洗車は、基本バケツ一杯洗車)

よく自分でナビ更新をするパターンとして挙げられるのは、ネットで16,500円のCD買って自分で更新する、というのがありますが、時間効率など考えればディーラー、それもレクサスディーラーでやるのとそんなに変わらないのではないでしょうか。

自分でCD買ってナビ更新16,500円
レクサスディーラーでナビ更新(洗車付き)19,800円
意外と大差ない

初ディーラーへ行った時の実況中継

幹線道路から、カチカチとウインカーを出し、ディーラーに入ります。実は初ディーラーだったりします。それと、予約しないとナビ更新はできません。電話から二週間後くらいでしょうか?

ディーラー内には、空いた駐車場が一つあり、そこに入れるように指示されます。

車を入れると美女のお出迎えです。

鍵を預け、傷がないかどうか美女と一緒に一周回って確認します。

内心は、野良レクサスだし、「お前らが傷つけたんだ!どうしてくれる!」ていうわけないじゃないですか笑

ナンバーを電話予約の際にあらかじめ伝えているので、下車すると「ドケチ様・お待ちしておりました」と名前を呼ばれます。

美人のスーツのお姉さんに連れられディーラー内へ。

入ったらパツパツスーツのレディが居りました。4人中3人が美女です、残りはブス、ぽっちゃりブスも薬指に指輪をしています。

失礼ですが、美人以外も採用するんだなと率直な感想です。

まあ、店内はとことん綺麗です。そして、落ち着いた雰囲気を醸し出す整備士の方が「本日の整備内容になりますが〜」などとのべ、内容確認後、暴力団関係者ではない署名をさせられます。

普通のトヨタでもこのような署名ありましたっけ?と思いながら。ゴルフ場でもありますよね、やはり高級店というか、そういう印象を受けます。

カーナビアプリが充実する昨今、あえて純正ナビの更新をする理由

ドケチのCT200hは、2011年に出た初代モデル。

最後に更新したのは2013年になってます。実はCTは、貰い物で、譲渡人は更新などに疎かったため何もレクサスの恩恵を受けていません。

それから、約8年経った2021年です。ドケチはこれまでYahooカーナビを利用、いや併用していました。

これが、もうこれで足りるよねってくらいで常に最新で。

これはこれでよかったんですが、ドケチは楽天モバイルのサポータープログラム時代(2019年頃)から楽天回線で運用しています。

そうなるとやはりまだ回線が弱いところが多々あります。

例えば首都高の地下など頻繁なレーン移動においては常に電波が入って欲しい。

さらにアクアラインや静岡の東名高速など、電波が入るか未だ分からないことが多いです。

さらにYahooカーナビをブルートゥースに繋いだ時の「声」って純正ナビより、下品な感じがするんです。

これは完全好みですが。

という経緯を経てレクサスディーラーに電話をしました。

実際の作業時間等について

ナビ更新作業は大体1時間、コーヒーにちょっとしたお菓子も持ってきてくれました。

ドケチはあまりこういう待遇をされない者ですが、やはり気持ちはいいものです。

人間が勘違いしてしまうのってこういうことの積み重ねなんだろうなあと思いました。

レクサスはビジネスなので全然いいのですが、官僚らと関わることも多かったドケチは彼らを思い出します。

トイレにも行ってみましたが、まあ小便器の感覚が広くトイレにもこだわってます。

ドケチはひたすらショールームで待ちましたが、2杯目のコーヒーはいかがですか、などと気遣ってもらえます。

そして驚いたのは洗車の細かさです。

おそらく車内の掃除機も翔ってもらった気がするし、アクセルペダルも拭いてもらった気がします。

踏んだ時にアクセルがあたらキュッキュしてました。自分がまるで新品のスニーカーで運転しているような感覚です。

ということで野良レクサスでディーラーに行っても、特にネットで書かれているような待遇を受けることなく、ナビ更新することができました。

ナビ代16,500円に加え、技術料3,300円の合計19,800円

妥当な金額ではないでしょうか。トヨタなら16,500円で済んでしまいますかね?ただ、あそこまで濃厚かつ丁寧な洗車、吹き上げをやってもらって、3,300円ならむしろお得かなあ、と。

レクサスディーラーの非日常体験もできますしね。これから洗車もあるならオイル交換など色々なこともディーラーにお願いしようかな?などと思う1日となりました。

レクサスを持つ平凡なサラリーマンは節約のためには楽天経済圏でお得に車検していきましょう。



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたドケチおじさん

33歳のドケチおじさん。ケチなくせに高みを望む。女性関係では数々の失敗を重ね、30歳で経験人数3桁に到達。イケメン、大金持ちのように圧倒的なモテではないが、「そこそこモテる」に注力して、ワタシなりにやってきたことを発信します。また、「そこそこモテる」ため、より生活を豊か・効率化できるガジェットなどを紹介していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次