MENU

【CT200h】7年半交換していなかった「補機バッテリー」を自分で交換する方法

2023年現在、CT200Hの初代モデルを所有しています。

そして7年半補機バッテリーを交換しておりませんでした。

今回、GSユアサのバッテリーに交換体験記ですが、

  • 交換するとレクサスのインパネに表示されている走行可能距離150キロも伸びた!
  • レンチはちょうど良い長さのものを選ばないとバッテリーを取り出せないよ!

という気づきがあったので共有します。

created by Rinker
GSユアサ(ジーエスユアサ)
¥20,038 (2024/05/29 02:00:51時点 Amazon調べ-詳細)
目次

バッテリー交換で走行可能距離が伸びる?

これまで大体ガソリンを満タンにすると走行可能距離が700〜750キロを示していましたが

バッテリー交換をすると何と891キロを表示笑 この違いを見てください。

こんな走行可能距離が増えることある?12年目の車体です。

ちなみにCT200hの純正バッテリーはGSユアサのバッテリーですが、 ディーラーで交換すると本体にレクサスの印字がしてあります。古いバッテリーはこんな感じ。

レクサスマークはかっこいいです。もう見ることもないので、今のうちに拝んでおきましょう。

かつてのレクサスバッテリーの製造年月日は2016年8月16日!随分と昔に製造されてます。

交換後の変化

明らかにアクセルワークと加速の伸びは良くなりました。

というか、そんな気がしました。

信号が変わってから60キロに達するまでの間に1番実感。

バッテリー交換ってこんな効果あり?

ただ、7年間もバッテリー交換していなければ、それは異常といえば異常すぎる。

中加速域の時に、

交換前はバッテリーとエンジンがブオン!と車内で鳴り響いていたが、

バッテリーを交換した瞬間、CVTの本来の姿を取り戻したように

すーっと加速していきます。

初心者のバッテリー交換は30分程度を目処に

ど素人の私ですが、自分でバッテリー交換に挑戦してみました。

CTのバッテリー交換はYoutubeにも3種類ほど動画が上がっていたのでそれを参考にしました。

プリウスと同じ機構なのでトランクの右奥にバッテリーが潜んでいるという、なんとも面倒な場所に格納されています。

何とか交換はできたが、、注意点は3つ

  • 特殊な工具が必要
  • 端子が触れないようにタオルやテープを巻く(ズボラにとって面倒)
  • 特殊な位置にバッテリーがあり、体勢がきつい

ねじ回しの工具

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥600 (2024/05/29 07:42:05時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの工具。CT200hでバッテリー交換をするときは、これがちょうど良い。間違いありません。

なんと600円!これならCT200hの車体でもしっかり固定したものを外せます。

実はこれを使うまで、他のレンチを購入して交換しましたが、レンチが長すぎてCTの車体とレンチが干渉してうまく回せなかったのです。

このメガネレンチの長さならうまくネジを取り外せない、なんてことはなくなります。

車体に端子が触れないようにタオルやテープで気を遣う

これ当然らしいけど、素人の私にしては面倒な作業。

何より体勢が疲れました。

正直、車体自体も12年目なので

走行可能距離とか加速がしょぼくなったかなと思っていました。

もしかしたらバッテリーが原因だったのかもしれません。

それも当然です。7年半も変えていなかったのですからこうなっても仕方ありません。

しかしバッテリー上がりのランプがついてるわけでもないかったし、このままでもよく使えていたんですが、、

まだ使えるバッテリーを交換しようと思った1番の理由

ライトのパワーが弱かったこと。

走行中にライトが点灯してはいるんだけど、、、

道路が照らされている感じが弱いなと

感じておりましたが、

これもバッテリー交換したら、ギンギンにライトが前方照らしてくれます

レクサスでバッテリー交換しない年数として、7年はやりすぎだなと思いました。。

私はケチな方なので、車は乗れればいいと思いましたが、

それなりに劣化が見られるので、4年から5年の間で交換しようと次のバッテリー交換では考えております。次ももちろんGSユアサで!

交換したら市販品の箱にレクサス純正バッテリーがスポッと入ります。

created by Rinker
GSユアサ(ジーエスユアサ)
¥20,038 (2024/05/29 02:00:51時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたドケチおじさん

33歳のドケチおじさん。ケチなくせに高みを望む。女性関係では数々の失敗を重ね、30歳で経験人数3桁に到達。イケメン、大金持ちのように圧倒的なモテではないが、「そこそこモテる」に注力して、ワタシなりにやってきたことを発信します。また、「そこそこモテる」ため、より生活を豊か・効率化できるガジェットなどを紹介していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次